原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

避難指示解除を目前に、追悼と未来への思いがキャンドルの灯に託された。解除は3例目で、全住民が避難した自治体では初めて。自宅での生活や事業の再開などの制約が全てなくなる。原発事故から4年半を経て、楢葉町は復興、再生へ新たなスタートを切る=2015年9月4日午後6時30分ごろ、福島県楢葉町の町総合グラウンド
107/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る