原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

サケの姿に古里再生の願いを込めた記念碑の除幕。眼下の津波被災地には、除染廃棄物などの仮置き場が広がっている=2016年3月11日午後3時30分ごろ、福島県楢葉町
121/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る