原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

福島商工会議所などが、吉本興業(大阪市)の協力を得て製作する短編映画「最高の仕打ち」の撮影が14日、始まった。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故後の福島で迷いながらも生きる人々を描く。映画の製作発表の記者会見後、記念撮影に応じる主演の片平里菜さん(後列左から2人目)、富山えり子さん(同左端)ら出演者と川村清人監督(前列左端)、福島商工会議所関係者=2016年3月14日、福島市
122/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る