原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

福島第1原発事故で全村避難する飯舘村が独自に設置したモニタリングポスト。国と県が既に計53台設置しているが、村は放射線量をよりきめ細かく公開することで村民の不安を軽減し、帰還促進につなげたい考えだ=2016年3月16日、福島県飯舘村
123/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球宮城大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る