原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

東日本大震災の発生から5年が過ぎた被災地の復興状況を視察するため福島県を訪れ、東京電力福島第1原発事故による全村避難が続く葛尾村の住民らと懇談される天皇、皇后両陛下=2016年3月16日午後、福島県三春町(代表撮影)
124/278
河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る