原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

福島県浪江町の一時帰宅で、防護服を着て自宅近くを歩く被災者。右後方に福島第1原発の排気筒が見える=2011年5月26日
14/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る