原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

輸送用のトラックに廃棄物の入った袋を積み込む作業員。原発事故で発生した福島県内の除染廃棄物を中間貯蔵施設(同県大熊町、双葉町)に運び込む本格輸送が始まった=2016年4月18日、福島県大熊町大川原南平地区
146/278
河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る