原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

温泉街近くの水田で田植えをした後、もんぺ姿で踊りを披露する、いわき湯本温泉の「フラ女将」。原発事故の風評被害で減少した宿泊客を呼び戻そうと、着物姿でのフラの披露や、オリジナル商品の開発などに取り組んでいる=2016年5月29日、福島県いわき市
150/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球宮城大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る