原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

原発事故による避難者ら約4000人が国と東電に損害賠償などを求めた集団訴訟で現地検証を実施し、果樹園で原告から説明を受ける福島地裁の金沢裁判長(中央)ら=2016年6月28日、福島市笹木野(代表撮影)
155/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球宮城大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る