原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

原発事故で全町避難する福島県大熊町で始まった「特例宿泊」で、帰宅し愛犬2匹と過ごす菊地永子さん。「ずっと暮らせるようになってほしい」と願う=2016年8月11日、福島県大熊町の大川原地区
159/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る