原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

肉牛から国の暫定基準値を超える放射性セシウムが検出されるなど、福島第1原発事故による農業被害が拡大している問題で、東電本店前で早急な賠償を訴える福島県農民運動連合会の亀田俊英会長=2011年8月3日、東京都千代田区
16/278
河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る