原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

かつてシバザクラを植えていた自宅前を歩く大槻勇吉さん。今は雑草が生い茂る。野行地区は、村唯一の帰還困難区域だ。国が8月に示した除染方針は「復興拠点」が中心。拠点を設けられない里山の集落や個人の住宅、農地をどうするかは定まっていない=2016年10月29日、福島県葛尾村
167/278
河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る