原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

原発事故による全村避難が続く福島県飯舘村の山津見神社で開かれた例大祭でお披露目されたオオカミ絵を仰ぐ参拝客。原発事故で遠のいていたにぎわいが久々に戻った=2016年11月16日、福島県飯舘村佐須
170/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

先頭に戻る