原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

福島第1原発2号機の建屋やクレーンが間近に見える3キロ圏内の地域。避難者が再び暮らせる日は、戻ってくるのだろうか=2011年8月26日、福島県大熊町夫沢
18/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る