原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

東京電力の広瀬直己社長は11日、福島第1原発構内の新事務本館で訓示し、「事故後6年間の知見と経験を生かし、力を合わせて福島復興の責任を果たしていきたい」と述べた。訓示に先立ち、地震発生時刻の午後2時46分、社員約700人と共に黙とうした。社員と共に黙とうする東電の広瀬社長(右から3人目)=2017年3月11日午後2時46分、福島第1原発構内の新事務本館
190/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る