原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

東京電力福島第1原発の20キロ海域での試験操業が6年ぶりに解禁された。同海域は原発事故を受けて全面自粛が続いていたが、安全性が確認できたことからコウナゴ漁が可能になった。福島県浪江町の請戸漁港からは9隻が出漁し、故郷の海で魚影を追った。コウナゴが入ったかごが岸壁に積み上げられた=2017年3月13日午前10時ごろ、福島県浪江町の請戸漁港
196/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球宮城大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る