原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が3月31日に帰還困難区域を除いて解除される福島県浪江町に、国保浪江診療所が完成し、開所式が27日に行われた。町唯一の医療機関として28日に診療を始め、帰町した住民の初期医療を担う。診療開始に先立ち、開所した浪江診療所=2017年3月27日、福島県浪江町
205/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る