原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

福島県富岡町に公設民営の複合商業施設「さくらモールとみおか」が全面開業した。東京電力福島第1原発事故に伴う町内の避難指示は4月1日、帰還困難区域を除き解除される。スーパーなどが入る施設の誕生で、復興を目指す地域の生活環境が向上する。店舗面積約6000平方メートルは、双葉郡内で最大規模。町が国道6号沿いの旧商業施設を全面改修した。避難指示解除を目前に全面開業した「さくらモールとみおか」。帰還する住民の暮らしを支える拠点になる=2017年3月30日午前10時15分ごろ、福島県富岡町
206/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る