原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

東京電力福島第1原発事故で被災した福島県双葉郡を管轄する県警双葉署は、富岡町の本庁舎での本格的な業務を6年ぶりに再開した。町内の避難指示が一部を除き4月1日に解除されるのに合わせた。移転式典があり、本庁舎での業務を再開した福島県警双葉署=2017年3月30日
208/278
河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る