原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

東京電力福島第1原発事故の避難指示が一部を除いて解除された福島県富岡町で、解除時刻の4月1日午前0時にかけ、3000を超える竹灯籠がともされた。町民らが避難先で亡くなった人たちを追悼し、これまでの支援に感謝した。追悼と感謝を込めてともされた竹灯籠。「富岡は負けん!」の横断幕も掲げられた=3月31日午後11時15分
214/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る