原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

東京電力福島第1原発事故の避難指示が一部を除き3月末に解除された福島県飯舘村で、村民が集うお茶会が開かれた。会場の村交流センターに村民約40人が集まり、ボランティアら約20人と一緒に童謡を歌い、ゲームを楽しんだ。村民らの手打ちそば同好会「愚真会」が用意した手打ちそばも味わった=2017日5月23日
229/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る