原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

福島県警双葉署は5月31日、東京電力福島第1原発事故の避難指示が一部を除いて解除された管内の富岡町、浪江両町の国道で大規模な検問を行った。今春の解除後も帰還者が少ない地域で治安を高める取り組みの一環。署員ら約50人が午後6時から2時間、富岡町の国道6号と浪江町の国道114号で、計180台のドライバーに通行目的を尋ねるなどした。福島県富岡町の国道6号沿いで実施された検問=2017年5月31日
230/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る