原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

東京電力福島第1原発事故による避難区域が今春に解消した福島県川俣町の町役場に、ユニークなポストが登場した。町村合併から70周年となる2025年、大切な人に届ける手紙を受け付けている。「未来ポスト」は川俣幼稚園の子どもたちがデザイン。園児たちの絵などが貼られて、8年後に届ける手紙を待っている=2017年6月8日、福島県川俣町
234/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る