原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

福島県猪苗代町の町営磐梯山牧場は、東京電力福島第1原発事故の影響で中止していた牛の放牧を6年ぶりに再開した。町や農家は「農産物の風評被害払拭(ふっしょく)につなげたい」と期待する。磐梯山の麓にある牧場に放牧された牛=2017年6月23日
240/278
河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る