原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

相馬地方の伝統行事「相馬野馬追」が開幕し、3神社で出陣式などが行われた。南相馬市小高区では、東京電力福島第1原発事故の影響で中断していた武者行列が7年ぶりに実施され、沿道の住民から盛んな拍手が送られた。住民の拍手を浴びて約110騎が市街地を行進した=2017年7月29日、福島県南相馬市小高区
248/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

先頭に戻る