原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

東京電力福島第1原発事故の避難指示が帰還困難区域を除き今春解除された福島県富岡町で、7年ぶりの夏祭りがあった。夏の恒例行事が復活し、帰還した町民や町外で避難生活を続ける人らでにぎわった。花火を見上げる住民ら=2017年8月11日午後8時ごろ、福島県富岡町の富岡一小
251/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

先頭に戻る