原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示の解除から9月5日で2年となった福島県楢葉町で、住宅の片付けごみなどが急増している。国による町内の無料回収が今月末で終わるため、廃棄や回収依頼などの駆け込みが殺到した。帰還準備で片付けが続く町民からは無料回収の延長を求める声も。混乱回避へ、関係機関は対応に追われている。ごみ集積所に出された家具など。「回収されてもすぐに増える」と近隣住民は嘆く=2017年9月14日、福島県楢葉町
262/278
河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る