原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

東京電力福島第1原発事故に伴い独自に一時全町避難した福島県広野町がJR常磐線広野駅東側に整備した復興拠点に集合住宅114戸が完成し、現地で竣工(しゅんこう)式があった。復興関連事業の従事者らの入居申し込みが相次ぎ、既に全室が埋まっている。完成した集合住宅を視察する関係者。奥に白いオフィスビル「広野みらいオフィス」が見える=2017年9月19日
263/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る