原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

JR常磐線竜田(福島県楢葉町)-富岡(同県富岡町)間の運行が再開された。出発式があった富岡駅は鉄路復活を祝福する人でにぎわった。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で町外に避難する町民や帰還した住民も訪れ、復興へ向けて踏み出した一歩に喜びをかみしめた。運行再開の式典で出発の合図をする宮本皓一富岡町長(前列右から2人目)ら=2017年10月21日午前10時ごろ、JR富岡駅
270/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球宮城大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る