原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

原子炉建屋が破壊された福島第1原発の(手前から)4、3、2、1号機。炉の安定化は進んでいるが、外観は爆発直後の姿のままだ=2011年11月12日、福島県大熊町(代表撮影)
28/278
河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る