原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

福島第1原発のオフサイトセンター。事故後に使用されたが、通信機器が使用不能となったほか、室内での放射線量も高くなり、本来の機能を果たせないまま、2011年3月15日に福島県庁に機能を移した=2012年3月2日、福島県大熊町(撮影者・河北新報社 大楽裕克) 
42/278
河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る