原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

初めて開かれた国の除染事業説明会。一般住宅の除染を9月に始める工程が示されたものの、除染廃棄物を置く仮置き場が確保できない状況。着手の遅れも懸念され、住民から不安や不満の声が相次いだ=2012年6月16日、福島県南相馬市鹿島区
56/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球宮城大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る