原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

福島市で始まった東北六魂祭で、パレードする福島わらじまつりの一行。踊り手は福島第1原発事故からの復興を願ってパレードし、観客は踊り手の思いを受け止めて声援を送った=2016年6月1日午後3時5分ごろ、福島市
83/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

先頭に戻る