原発事故で変わり果てた福島 帰郷へ一歩ずつ

放射能汚染水の海洋拡散を防ぐため、特殊薬液の水ガラスを注入し、「土の壁」を造る作業員。福島第1原発の井戸水から高濃度放射性物質が検出された問題で、東京電力は汚染水の海洋流出を防ぐ地盤改良工事を報道機関に公開した=2013年7月22日午後7時、福島第1原発(代表撮影)
85/278
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る