被災地に寄り添う【文化・芸能人編】

<サンドウィッチマン>東日本大震災発生の直前にロケをしたカフェのスタッフと再会し、無事を確認する仙台市出身のお笑いコンビサンドウィッチマンの伊達みきおさん(右)ら。サンドウィッチマンの2人は、宮城県気仙沼市でローカル番組のロケ中に被災、無残に変わり果てた古里を目の当たりにした。その後、あらゆるメディアで募金を訴え、16年3月には累計で約4億円に達した。東北の現状を全国の人に知ってもらうため、番組で継続的に被災地を訪問、どん底から立ち上がる人や、復活した地元の味を紹介して復興の歩みを追っている=2011年4月22日、宮城県気仙沼市
237/259

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る