被災地に寄り添う【文化・芸能人編】

<気仙沼二郎>みちのくプロレスでレスラー兼演歌歌手として活躍する宮城県気仙沼市出身の気仙さん。東日本大震災の発生当時、岩手県盛岡市にいた気仙さんは被災直後から巡業で義援金集めに奔走。ファンに託された支援物資は、自ら被災地に赴き被災者に手渡した。福島県の避難所など約10カ所で無料の復興祈念マッチを開き、被災者に勇気と感動を届けた。みちのくプロレスの営業部長でもあり、2016年は被災地で約60回の巡業を実現させた。気仙さんは「復興は道半ば。みちのくプロレスの知名度を高めて東北に来るファンを増やし、被災地に足を運んでもらえるようにしたい」と語った=2016年12月20日、岩手県滝沢市
246/259

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る