被災地に寄り添う【スポーツ選手編】

<白鵬>横綱白鵬関の優勝額が開院予定の宮城県大崎市古川穂波の大崎市民病院新本院に寄贈され、式典で除幕した白鵬関。額の前で「患者の皆さんが、勇気を持って病気と闘うことができるよう祈っている」と語った。白鵬関ら宮城野部屋一門は東日本大震災後の2011年6月、沿岸部の被災者約1000人が身を寄せていた同市の鳴子温泉を慰問。その縁で白鵬関は同年7月から同市の観光大使を務める=2014年6月1日、宮城県大崎市の大崎市民病院新本院
107/192

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る