被災地に寄り添う【スポーツ選手編】

<白鵬>大相撲の十両以上の力士で構成する力士会の寄付により、津波被災地に完成した相撲場の落成式であいさつする白鵬関。土俵には両国国技館(東京)と同じ土が使われている=2014年8月13日、宮城県気仙沼市の市総合体育館
109/192

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る