被災地に寄り添う【スポーツ選手編】

<音羽山親方>東日本大震災の被災者を元気づけようと、約70人が身を寄せる同町入谷の入谷小で鶏の肉団子や野菜がたっぷり入った塩味のちゃんこ鍋を振舞う貴乃花部屋の音羽山親方=元大関貴ノ浪、青森県三沢市出身=ら。音羽山親方は「おいしいものを食べている時だけでも、悩みや苦しみを忘れてもらえればうれしい」と語った=2011年4月14日
115/192

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る