被災地に寄り添う【スポーツ選手編】

<高橋尚子>仙台国際ハーフマラソン大会の参加者とタッチを交わす高橋さん(中央)。「タッチの力強さに復興へのパワーを感じた。皆さんの輝く笑顔が年々増えている」と話した。高橋さんは5年連続でゲストランナーを務めている=2016年5月8日、仙台市宮城野区の市陸上競技場
140/192

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る