被災地に寄り添う【スポーツ選手編】

<白鵬>東日本大震災の被災地支援活動の一環で、宮城県名取市閖上地区の犠牲者を悼む慰霊碑の前で土俵入りを披露した横綱白鵬関。白鵬関は「『ありがとう』と声を掛けられ、こちらが勇気づけられた」と語り、ともに土俵入りをした日馬富士関は「心を込めて土俵入りをした。震災から5年5カ月たつが、相撲を通じて勇気づけたい」と話した=2016年8月12日
153/192

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る