被災地に寄り添う【スポーツ選手編】

<手倉森浩>東日本大震災の被災地で続けている子どもたちへのサッカー指導について語る手倉森さん=青森県五戸町出身=。被災地のスポーツ少年団に直接電話して支援などの要望を受け、1人で足を運ぶことも。手倉森さんは「いまだ仮設のグラウンドで練習するなど環境が整わない地域もあるが、子どもたちはプレーできる喜びにあふれている。サッカーの原点がここ(被災地)にあった」と話した=2017年3月6日、仙台市
175/192

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る