被災地に寄り添う【スポーツ選手編】

<B1仙台>東日本大震災から6年を迎えた3月11日、試合後に募金を呼び掛けるB1仙台の選手たち。対戦相手の三河の選手や監督らも参加した。仙台の片岡大晴さん(仙台市出身)は「宮城県外でも復興への思いを集めてくれているのは励みになる」、三河の主将橋本竜馬さんは「離れていてもプロスポーツ選手として、少しでも被災地に思いを届けられれば」と語った=2017年3月11日、愛知県岡崎市の岡崎中央総合公園総合体育館
176/192

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る