被災地に寄り添う【スポーツ選手編】

<佐藤寿人>日本プロサッカー選手会が東日本大震災の復興支援として行った現役Jリーガーらによるチャリティーサッカー教室で、J1仙台などでも活躍した佐藤選手(J2名古屋)ら34人が児童と交流を深めた。佐藤選手(中央)は「自分たちが足を運ぶことで被災地を知り、情報を発信し続けたい」と力強く語った=2017年12月16日、仙台市若林区の古城小
190/192

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る