被災地に寄り添う【スポーツ選手編】

<岩隈久志、則本昂大>東日本大震災の復興支援事業で行われた野球教室で、中学生の投球を見守る、プロ野球東北楽天の初代エースで米大リーグで活躍する(右から)岩隈久志投手と、現在のエース則本昂大投手。岩隈投手は「宮城の子どもたちと触れ合えて良かった。みんな一生懸命でうれしかった」と感慨深げに語った=2017年12月9日、仙台市宮城野区のKコボパ宮城室内練習場
192/192

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る