被災地に寄り添う【スポーツ選手編】

<関口訓充>避難所を訪れ、子どもに菓子を配ったり即席のサッカー教室を開いたりしてボランティア活動を続けるベガルタ仙台の関口さん。「行って何かが解決するわけではないが、小さなことでも続けたい」と語った=2011年4月2日、宮城県多賀城市の東北学院大工学部グラウンド
78/192

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る