被災地に寄り添う【スポーツ選手編】

<ゲルト・エンゲルス>元J1浦和監督エンゲルスさん(左)の呼び掛けで、ドイツサッカー協会のコーチ陣が岩手、宮城、福島の被災3県を回って子どもにサッカーを教える「東北げんKIDSプロジェクト」が発足することになり、エンゲルスさんは会見で「子どもたちと楽しく遊びたい。サッカーに対する情熱を伝えたい」と語った=2015年5月28日
98/192

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る