<ツール・ド・東北2018>希望の風 駆ける

<胸を打つ>震災遺構になった旧荒浜小(仙台市若林区)で、語り部の話に聞き入る参加者。津波の傷跡が残る校舎の中も見て回り、震災を身近に感じた=2018年9月15日午前9時45分ごろ
89/94

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

先頭に戻る