<震災8年>被災地の若者たち 視線の先に輝く未来

【元気届ける】専門学校で作業療法士を目指しながら、プロレスラーとしても活躍する佐藤亜海さん(20)=右=は気仙沼市出身。震災後、被災地を回ったチャリティー興行に感動して選手に。「プロレスが勇気をくれた。作業療法士もレスラーも人に元気を与えられる仕事」=仙台市若林区のセンダイガールズプロレスリング道場
7/7

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る