<震災8年>まち再生 祈り深く

花束を海に供える気仙沼市のサーフショップ「かぶとむし」店長の鈴木優美さん(52)。「語り部」となって来店者に震災を伝えていきたいという=2019年3月11日午後2時50分ごろ、気仙沼市本吉町の登米沢海岸
38/90

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る